創業融資手続きの流れ

日本政策金融公庫融資について公庫に対する紹介状(公庫書式)・企業概要書・創業計画書・知的資産計画書等を作成します。融資実行までの流れは、下記のようになります。
(簡単な図解が気になる方はこちらへどうぞ)

1.当事務所へ来所していただき融資額、融資の目的等を検討相談。

2.お客様と当事務所が融資手続き代行の契約を締結(お客様が御納得した上での当事務所への依頼になります。)

3.お客様に用意していただく必要書類をお伝えし、当所へ提出してもらい、当所が書類を作成します。


4.書類完成後、当所が公庫へ創業融資申込書一式を郵送。


5.公庫より、お客様へ面談日の打合せのために電話があります。ここで、公庫とお客様の面談日の日程を調整します。


6.面談日にお客様が公庫の支店にて、担当者と面談をします。


7.公庫担当者が事業所の現地調査を行います。


8.公庫により、審査がされ結果がお客様へ連絡があります。


9.融資の決定があった場合、借入に関する契約書を取交して融資が実行されます。お客様の金融機関の口座へ実行金額が振込まれます。


10.契約に従って、返済による口座引落しが開始されます。

以上が融資手続きの流れになります。

 

ここでは、創業融資の大まかな『流れ図』を掲載します。

※1 「公庫」とは、借入先である「日本政策金融公庫」を示しております。
※2   提出書類を日本政策金融公庫へ提出してから融資の実行までは約1ヶ月の時間がかかりますので申し込みは、その期間を見込んでお願い致します。