建設業とは、請負・下請けその他のいかなる名義をもってするかを問わず、建設工事の完成を請け負う営業をいいます。(建設業法2条)

※請負とは ⇒「当事者の一方がある仕事を完成することを約束し、相手方がその仕事の結果に対して、報酬を与えることを約する契約」の事を言います。(民法632条)

以下の場合は建設業許可の取得が必要になります。
・建設工事の発注者から直接工事を請け負う元請負人
・元請負人から建設工事の一部を請け負う下請負人
ですが次の場合は許可が不要です。

軽微な建設工事に該当する場合。
・建築一式工事
(1)一件の請負代金が1,500万円未満(税込)の工事
(2)請負代金の額に関わらず、木造住宅で延べ面積が150㎡未満の工事
・建築一式以外の建設工事
(1)一件の請負代金が500万円未満(税込)の工事


    かんたん動画はこちら

建設業許可の基礎知識について、ご確認ください。

 

1.建設業許可取得する3つのメリット

 

2.建設業許可取得までの流れ

 

3.建設業許可を受けるための要件として5つの条件(一般許可の場合)

 

4.必要書類について

 

5.役員変更について

お客様が取得しようとしている業種に関して疑問、質問がございましたら、メールまたは、お電話にてご連絡ください。御相談は無料にて受けさせて頂いております。